腰・足の痛みについて

腰痛の原因

腰痛の原因として様々な理由がありますが、腰痛の中には医学的に原因が特定できないものも存在しており、 その多くが生活習慣からくるものと言われています。日常生活で腰痛の原因となるものをご紹介いたします。
■不良姿勢【猫背】
現代型の腰痛の原因と言っても過言ではないくらい現代人は姿勢が悪いです。その姿勢を続ける限り腰痛からは解放されないと思います。

■運動不足

運動不足により筋力が低下し腰の骨を支える力が弱くなり、腰痛を引き起こします。

■長時間の同じ姿勢(座りっぱなし)
長時間の同じ姿勢は腰の筋肉・骨に負担がかかる事に加え、股関節やその周辺の
筋肉の柔軟性が悪くなる事により、腰痛を引き起こしやすくなります。
デスクワークや長距離ドライバーの方に多く見受けられます。

■女性特有の理由
妊娠により骨盤の筋肉が引っ張られ、 身体の重心が変わる事により腰痛を引き起こす事があります。
ホルモンバランスの乱れが腰痛に繋がる事もあります。

■激しい運動
運動の際に無理な姿勢をとってしまったり、 腰に力が加わる事により筋肉が炎症を起こしてしまったり、 腰の神経が傷ついてしまう場合があります。
通常は数日程度で回復しますが腰への負担が続くと慢性化してしまい、 骨と骨の間にある椎間板に影響を及ぼし、腰椎椎間板症となる場合があります。

上記以外にもストレスや生活習慣の乱れなども腰痛の原因となる場合があります。
日常生活での腰痛は腰の筋肉が凝る(血行不良を起こし、筋肉が固くなる)事で痛みが発生していると考えられます。
筋肉をもみほぐし、血流を改善する事が重要です。

ぎっくり腰について

ぎっくり腰とは、急に無理な動作をした時に腰の関節が捻挫する事で発症する、急性の腰痛の事です。
重たいものを持ち上げた時や、中腰の姿勢になった時に急激な痛みに襲われしばらく動く事ができなくなります。
その他にも椎間板ヘルニアや脊椎すべり症が原因となり発症する事もあります。

ぎっくり腰になってしまったら・・
①まずは一番楽な体勢をとり、安静にしましょう。
②炎症をおこしている状態ですので、氷のうなどで冷やします。
③2-3日は入浴(湯船につかる)を避けた方が良いです。

④コルセットなどをお待ちでしたら固定をします。

酷い痛みは2~3日で引くと言われています。
痛みが引いて少し動けるようになりましたら、一度当院にご来院ください。
ぎっくり腰は予防できる腰痛ですので、正しい姿勢を行う事で再発防止へと繋がります。
当院では再発防止のアドバイス・施術も行いますので、痛みが引いたと放置せず当院へお越しください。

足・膝の痛みについて

一言に足・膝の痛みといっても原因は様々です。
下記のような原因が挙げられますが、痛みがある場合は一度当院へお越しください。
当院では痛みの原因を探った上で適切な施術を行い、脚を傷めない正しい脚のラインの説明を行います。

【足の痛みの原因】
■歩行の仕方が悪く負荷を与えている
■不良接地による足底の過緊張
■筋肉の炎症
■扁平足   など


【膝の痛みの原因】

変形性膝関節症よる痛み
■つま先と膝関節の不一致
■激しい運動による筋疲労
■体重の増加による過負荷
■加齢によるもの(軟骨の減少) など

当院の施術について

●電気療法・超音波療法
専用の低周波機器や超音波を用いて、身体の機能回復を促します。当院では立体動態波という身体の深部刺激に的している器械も使用しております。 神経症状(しびれ・痛み)の改善にも効果的です。

●筋膜リリース(マッサージ)
筋膜とは筋肉を包んでいる膜の事で、筋肉の保護や筋肉の収縮をスムーズにする役割がありますが身体の非対称の動きにより筋膜のねじれが生じてきます。
筋膜がねじれたまま、筋肉をほぐすだけでは負担をかける為、筋膜からねじれを取り除きスムーズにコリをほぐしていきます。

●ポイント矯正・鍼《自費》
身体の歪みが原因の場合は矯正を行い正しい姿勢へ導きます。
鍼で筋肉を刺激する事で痛みの軽減と緊張緩和が期待できます。

●コンビネーション《自費》
炎症や痛みがひどい場合は専用の高周波機器と超音波を用いて施術を行います。